コモンプロダクツが展開する AIとIOT事業

ウェアラブル熱中予測トランスミッター

製品概要

近年、温暖化の影響でニュースなどでも多く耳にする熱中症や脱水症、熱射病。2018年4月から9月の救急搬送は約28,000人と社会問題となっています。当社はいち早くバイタルデータで身体状況を確認し、警告することで熱中予測することを目的とし、本製品mitOASISを開発しました。管理できるバイタルデータには皮膚体温、周辺温度・湿度感知が含まれます。
トランスミッターは小型・軽量化でさらに省エネを実現しており約1週間充電不要です。※1計測は手首に簡単に装着できるサポータータイプで、トランスミッターを外せば洗濯可能で清潔にご使用頂けます。
バイタルデータは定時ごとにインターネット経由で専用サーバーにアップロードされ、利用者のスマートフォン(現在はAndroid端末のみ)にインストールされたアプリケーションで随時確認できます。
また、事業所の管理担当者のPCから利用者のバイタルデータをリアルタイムで確認できるほか、管理ソフトを構築することで複数の利用者のデータを一括して管理することも可能になります。

※1 スマホに波形を出さない省エネモード、通常モードの場合約8時間

技術情報

応用例

SpO2の測定によりさらに熱中予測の精度アップが可能になります。 炎天下での就労者の脱水状態の予測にも活用できるバイタルセンシングがmitOASISです。(特許申請中)

お問合せはこちらから

XilinxZynq向けLinux自動生成システム

製品概要

SmafyXは、Zynqを使用される開発者様を支援するツールです。Zynqボードのハード(FPGA,VHDL)・ソフト(Linux,Standalone)設計・ポーティングを支援します。スプレッド・シートに必要事項を記述するだけで、Linux下のドライバ・ポーティングやFPGAのスケルトンを自動生成します。生成されたスケルンの一部を書き換えることで、開発者様は製作すべき部分だけに注力した開発が実現できます。 FPGAのスケルトンにはデフォルト状態でカウンタや割込み処理等を実装している為、同時生成されるテスト・プログラム(オプション)を使用して即座に動作確認ができます。また、生成処理の自動化により、配線ミス・入力ミス等の単純ミスを防ぐ効果もあります。

機能

  • 1 Zynqボード上でのLinux起動に必要なファイルを作成。
  • 2 カーネル(Linux本体),U-Boot(カーネル起動用のソフト),デバイス・ツリー(ハード情報をカーネルに教える為のファイル)のソース取得やビルドを支援。
  • 3 生成されたファイルのQSPI Flash、または、SDカードからの起動を支援。
  • 4 動作確認の為、Standaloneモード(Linux無し、つまりプログラム単体での動作)で起動。
  • 5 作成回路図シミュレーションを簡単に行う為の機能。
  • 6 シミュレーションはソフト上、または、実機+Linux上(Chip ScopeR使用可)で実施。
  • 7 シミュレーション時は、クロックの与え方や観測する信号の選択など、 煩雑な設定が必要ですが、設定を自動化することで、時間の節約・単純ミスの防止効果等

事例

通信システム事例 通信システム端末のFPGAロジック(ハード)・Linuxドライバ(ソフト)を開発しました。
Vivadoのバージョン・アップ(2013.4→2018.1)、Linuxカーネルのバージョン・アップ(3.6→4.4→4.14)に対応した実績があります。

メンテナンスと
バージョン・アップ

  • Smafyxメンテナンス・サポート
  • Vivado、Linuxのバージョン・アップ対応
  • Zynqデバイス対応

オプション

Linuxサポート

FPGA内のメモリとハード・ディスパッチャを組み合わせ、効率的なマルチ・スレッドに対応したLinuxのサポートを準備中。(AIの発展に伴うニューロ計算の急激な増加を想定)

Standalone基盤チェック

新規ARMボード(Zynqを含む)の動作チェックを、Standaloneで実施する機能のサポート。ウィザード画面から選択することで、ボードの以下の機能をチェックできる。

  • Ethernet
  • DDR
  • QSPI Flash
  • USB
  • SDカード

◯ Xilinx、Zynq、Vivadoは、Xilinx社の登録商標です。
◯ ChipScopeは、Agilent社の登録商標です。

お問合せはこちらから

ウェアラブル熱中予測トランスミッター

製品概要

  • 人為的に行っていた
    確認作業の自動化
  • 不審者検出などの防犯や
    施設での見守り
  • 選別や不良品の判別
  • 大量データからの
    任意データの抽出
  • 特定人物などの
    トラッキング
  • 顔認識による
    入退出管理

その他様々な課題やご要望にお応え致します。

ご相談・ご要望→ご提案・
企画デモ→お見積を行います。

提案、企画、見積にご納得いただきましたらご契約となります。プログラミングする内容により多少前後しますが、開発キットによる開発は通常より大幅に費用を圧縮できます。

〇NVIDIA、Jetsonは、NVIDIA社の登録商標です。
※Jetson(R)とはNVIDIA社製の組み込み向けAIデバイスであるJetson シリーズ(TX1,TX2,AGX Xavier,nano)を使った開発のこと。

技術情報

対応テーマ カメラ制御、レンズ歪み補正、深層学習、グラフィカルUI、
マルチスレッド技術の連携、画像認識、ノイズ除去システム、
3次元展開、顔検出、人物判別
オープンソース
技術サポート
OpenCV、OpenGL、YOLO、TensorFlow、Caffe、Keras
NVIDIA
技術サポート
CUDA、cuDNN、TensorRT、DeepStream、VisionWorks、
MultiMedia API、NVIDIA System Profiler、
Tegra Graphics Debugger

事例

自動運転技術サポート

自動走行技術のサポートとして当社のツールが採用されました。自動走行技術の学習内容は天候や明るさなど様々な環境の学習データが必要になります。

基本パッケージ提供約150万円

アナログメーターのデジタル変換

アナログメーターの読み取り、デジタル変換技術のサポートとして当社のツールが採用されました。

アナログメーターのデジタル変換
お問合せはこちらから
TOP
Loading...